Brian Wilson「Heroes And Villains」
CD『SMiLE』Nonesuch WPCR-11916(2004)
 60年代から活躍するL.A.音楽界の大物DJ、Rodney Bingenheimerという人物の半生を追ったドキュメンタリー『メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ』はポップス好きにはぜひ観て頂きたい映画です。Connie Stevensの追っかけだったという母親に育てられた、いわゆる筋金入りのグルーピーだった彼が、60年代の狂騒の中でポップス・スターと交流をはかる模様が綴られる冒頭では、The Four SeasonsやThe Mamas & The PapasのTV出演時の観客に混じって首を振っている彼の映像や、Beach Boysとスタジオにいる写真、MonkeesのTVショーに出ている場面など、ポップス・フリークにはクラクラするシーンばかり。更にKim Fowley、Nancy Sinatra、Cher、David Bowieの現在のインタヴューに加え、Davy JonesのMonkeesのオーディション場面や、Phil Spectorのバースデイ・パーティのシーンといったレア映像まで出てきて、まるで自分がルイス・シャイナーの小説『グリンプス』の主人公にでもなった気分を味わせてくれます。
  本作のプロデューサーの1人は当時WondermintsのマネージャーだったChris Carterで、その関係からか劇中ではBrian WilsonやBeach Boysの曲が多用されていますが、その中でも「Heroes And Villains」がかかった時は、映画のカオス的内容とリンクして妙にハマっていました。
 Brian Wilsonの『SMiLE』はアメリカ音楽の歴史、奥深さを改めて知り得る究極のサンプルでしたが、この映画はそんな『SMiLE』が生まれた背景でもある、世界でも有数な芸能都市L.A.という街の風俗史としても観ることができます。ほぼ同時期に体験したこの2つの作品は強い繋がりでもって深く心に刻み込まれました。