Asleep At The Wheel「Feliz Navidad」
CD『Merry Texas Christmas, Y'all』Highstreet 10355(1997)
 Asleep At The Wheelは1970年にウェスト・ヴァージニアで結成され、現在はテキサス州オースティンを本拠に活動するウェスタン・スウィング・バンド。日本ではあまり語られることが少ないですが、本国では今なお年間200本以上のライヴをこなしている現役バリバリのロード・バンドです。
 『Merry Texas Christmas, Y'all』は97年に発表されたクリスマス・アルバム。砂漠でアルマジロがサンタの衣装を着てるジャケットが物語るように、ペダル・スティールやフィドルやアコーディオンが、雪など全く関係ないテキサス・スタイルのクリスマスを演出します。1曲目の「Feliz Navidad」がとにかく素晴らしいのです。軽快なアコーディオンのイントロの後、Rey Benson(男)とTish Hinojosa(女)のヴォーカルが交互に登場、サビの"I Wanna Wish A Merry Christmas"で男女一緒に盛り上がり、つんのめるようなアコーディオンと白昼夢のようなペダル・スティールの間奏を経て、再び男と女の掛け合いに戻ります。もともとはトラディショナル・ソングらしく歌詞もサビ以外はスペイン語なので、どんな内容を歌っているのか分かりませんが、男女掛け合いのクリスマス・ソングということで僕はKirsty MacCollを迎えたThe Poguesの「Fairytale Of New York」を思い出してしまいました。他にも作者Willie Nelsonが歌う「Pretty Paper」(Roy Orbisonの名唱でも有名)とか、「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」「Silver Bells」「Here Comes Santa Claus」といった定番曲のテックス・メックス解釈版や、中心メンバーRey Benson作の小粋なオリジナル曲など、どれも最高に楽しい曲ばかりです。クリスマス・パーティのBGMにぜひ。