伊藤銀次「雨のステラ」
Single『雨のステラ』Polystar 7P-48(1982)
 中学、高校とナイアガラ・ファミリーを聴き漁っていた頃、最も自分に近い感性を感じ親しみを抱いていたのが伊藤銀次でした。当時凄い勢いでリリースされていたポリスターのアルバムは本当によく聴いたもので、特に 『Baby Blue』と『Sugar Boy Blues』は何回聴いたか分かりません。この時代の特徴は"ADULT KIDS"なるキャッチ・フレーズと共に、とにかくロマンティックな曲を量産していた時期。「傷付きやすい少年の感性を綴った切ない歌詞を、甘酸っぱい60'sのメロディにのせて歌う」といったこの頃の銀次さんの世界感は、『Baby Blue』からの1stシングルであるこの「雨のステラ」にもしっかり表れています。
  "街は冷めたグレイ 誰もいないストリート 雨に溶けてく君…遠くなるブルーカーディガン"
 雨の日に人はよくフラれるのか、大滝詠一「バチェラー・ガール」にも通じる歌詞が切ないです。ちなみにナイアガラ系の歌詞にはカーディガンを着た女性が多く登場します。松田聖子には「黄色いカーディガン」(松本隆作詞/細野晴臣作曲)という名曲がありますし、達郎さんの「片思い」にもピンクのカーディガンを着た女性が登場します。カーディガンとナイアガラの関係はいつか語りたいテーマです。話が逸れましたが、この曲は歌詞も逸品ながら、やはりメロディが最高です。The Dave Clark Fiveの「Because」風のコード進行にThe Beatlesの「If I Fell」の切ないメロディを混ぜ合わせたような、マージービート好きな銀次さんらしい曲です。超ポップな曲よりもちょっと翳りがあった方が自分は好きなんだなと、教えてくれた曲でもありました。本人曰く「もう僕はこういう曲は作れないのか、なんて思ってしまう程、気に入ってる曲」だそうです。