アン・ルイス「Karen」
LP『CheekⅢ』Victor SJX-30250(1984)
 アン・ルイスには「ラ・セゾン」や「LUV-YA」といった歌謡ロック路線を打ち出す前に60'sポップス時期というのがあって、竹内まりや作曲の「Linda」をシングルで発表した80年に、全編オールディーズのカヴァー・アルバム『Cheek』をリリースしています。その「Linda」や「One Sided Love」といったまりやさん作品や、Spector作品「You Baby」、The Shangri-Lasの「Leader Of The Pack」など往年の60'sポップスを、鈴木茂、松任谷正隆、後藤次利、林立夫といった鉄壁の布陣で手堅くカヴァーしています。82年には第2弾『CheekⅡ』をリリース。こちらでは選曲の幅も広がり、Kenny Nolanの「Love's Grown Deep」なんていう70'sの甘い名曲も演っています。また、大滝詠一の「夢で逢えたら」と「Dream Boy」の2曲が入っていることも、ナイアガラー必聴の作品として有名です。そして84年に出された第3弾がこの『CheekⅢ』です。前年にCarpentersのKarenが亡くなったことから、突如Carpentersのトリビュートになりました。「Goodbye To Love」「I Won't Last A Day Without You」「We've Only Just Begun」といった王道曲をアンさんはKarenになりきって歌っていますが、「Superstar」の次に歌われる彼女自身が作詞/作曲したオリジナル「Karen」という曲の中で、"私にとってのスーパースターはあなただった"と歌われるフレーズには、同じ歌い手としてのKarenへの愛情が切ないほど伝わります。
 ちなみに本作にはGary Bensonの「Together We're Falling Apart」という曲が入っていて、昔から大好きだったのですが、なぜ1曲だけCarpentersとは無関係の曲が入っているのかは今も謎のままなのです。