Silvetti「Spring Rain」
LP『Spring Rain』Salsoul SZS-5516(1977)
 恥かしいくらいベタなストリングスのイントロで始まるタイトル・チューン「Spring Rain」は、世代を超えて愛されている名曲です。40代の音楽ファンにとっては77年に39位のスマッシュ・ヒットとなったディスコ・クラシックとして、30代にとってはサバービア・ネタとしても紹介されたサルソウルの名曲として、20代の若い世代には97年に大ヒットした電気グルーヴ「Shangri-La」の元ネタとして。山下達郎さんのラジオ「サンデー・ソングブック」でも何回かかかりましたし、多少音楽に興味がある方なら1回はどこかで耳にしたことがあるはずの、極上で永遠のポップ・インストゥルメンタルです。
 傘をさした女性のシルエットのジャケットが美しいこのアルバムには、他にもBGMとして流しておくには美し過ぎる佳曲がたくさんあります。弾むようなピアノに物憂げな女性スキャットが絡む哀愁の「A Smile At Dawn」、ギターのカッティングとストリングスが往年のA&Mサウンドを彷彿させる「Two Cups Of Coffee」、晴れた春の爽やかさを感じる「Voyage Of No Return」や、インストゥルメンタルにしておくには勿体無いくらいポップなメロディを持つ「Coconut Rain」などなど。
 季節が放つ特定の匂いみたいなものを、サウンドだけでこんなにも的確に表現してしまうSilvettiことBebu Silvettiは、アルゼンチン出身の男性ピアニスト/プロデューサー。残念ながら2003年7月に他界しています。