斉藤哲夫「君の街に春がくる〜まだ春遠い〜ウーウー」
LP『グット・タイム・ミュージック』CBS SONY SOLL-70(1974)
 斉藤哲夫氏の曲に最初に接したのは小学6年の時でした。初期オフ・コースのライヴ盤に収録されていた「悩み多き者よ」が好きだったのです。10年後にオリジナルを聴いた時、その暗いフォーク然とした曲調に驚いたのを覚えています。しかしこの人ほど音楽性が正当に評価されていない人というのも珍しいのではないでしょうか。方や「悩み多き者よ」のメッセージ・フォークのイメージ、方や「いまのキミはピカピカに光って」のコマーシャルなイメージ。一体どちらが本物の斉藤哲夫か?という答えがこのアルバムだと言えるかもしれません。
 本作は彼の最高傑作との声も高い3枚目のアルバム。サウンド的には従来のフォークの叙情性と、白井良明のサポートにより色濃くなったブリティッシュ感覚、更にはカントリーやロックンロールといったルーツ志向が程良くブレンドされた、当時の日本の音楽状況ではかなり新鮮な内容だったと思います。何より素晴らしいのは曲の良さで、特にB面は『Abbey Road』を意識したメドレー形式になっており、美しいメロディを整理せず惜しみなくぶちまけるようなPaul McCartney的趣向が出ています。同時期のチューリップ(同じ年にリリースされた『Take Off』とか)にも通じる親しみやすさを感じます。前作『バイバイグッドバイサラバイ』にも「もう春です(古いものはすてましょう)」という名曲がありましたが、この人は春という季節に執着があるようで、本作にも「春」がつくタイトルが3曲もあります。瑞々しいサウンドやちょっと切ないヴォーカルとも相まって、春の日差しのようなほんわか暖かい印象がアルバム全体を支配しています。山下達郎さんもコーラスで参加している「グッド・タイム・ミュージック」の完成度も捨てがたいのですが、B面のそんな「春」メドレーがお薦めです。