久保田麻琴と夕焼け楽団「初夏の香り」
LP『ハワイ・チャンプルー』SHOW BOAT 3A-2012(1975)
 自分が好きな邦楽のアルバムを挙げてみると、1975年に制作されたアルバムがとても多いことに気付きます。小坂忠『ほうろう』、鈴木茂『BAND WAGON』、シュガー・ベイブ『SONGS』、大滝詠一『ナイアガラ・ムーン』などの名盤もたくさんあります。久保田麻琴が夕焼け楽団を率いてショウボートから出した2作目『ハワイ・チャンプルー』もそんな75年に制作されました。その中で「初夏の香り」という曲を紹介します。
 同じ"75年組"の愛奴やセンチメンタル・シティ・ロマンスのデビュー・アルバムに収録された「初夏の頃」や「暖時」と共に、初夏から梅雨にかけての季節に聴きたい筆頭ソングです。駒沢裕城のペダル・スティールと国府輝幸のピアノ、そしてリラックスした久保田麻琴の歌声が、真夏ではなく夏一歩手前、梅雨が明けるか明けないかの甘く気だるい日本の空気感を上手く表現しています。この曲を何回も聴きながら、僕は楽しいことが一杯ある夏本番よりも、実は夏一歩手前のこの"特別な匂い"が好きだったのかも…と思ったりもしました。
 他の曲はといえば、これでもかというくらい無国籍で見事なゴッタ煮ぶり。喜納昌吉の作品のカヴァー「ハイサイおじさん」では真夏の沖縄へ飛び、真赤な夕焼け時には「バイ・バイ・ベイビー」、月夜の浜辺では「ムーンライト・フラ」で。「国境の南」で知り合った乙女と「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」を歌って最後は「上海帰り」。まるでひと夏で世界中を旅してる珠玉の幸せ。この幸せ感はハワイ録音のせいでもあるのでしょうが、久保田麻琴氏の生涯旅人のロマンティシズムがそうさせているような気もします。同じ旅人である細野さんがプロデューサー、ドラマーとして参加していることも大きいかも。