The Everly Brothers「Walk Right Back」
LP『The Golden Hits Of The Everly Brothers』Warner Bros. WS-1471(1961)
 エヴァリーの中でもかなり思い入れの深い曲です。1961年にリリースされたワーナー3枚目のシングルであるこの曲は、A面の「Ebony Eyes」と共にTop10入りを果たしています。作詞・作曲はBuddy Hollyのバック・バンドだったThe Cricketsのギタリスト、Sonny Curtis。以前CMでも使われたThe Clashの「I Fought The Law」(オリジナルはThe Bobby Fuller Four)を書いたのもこの人で、いかにもテキサス出身って感じの乾いたサウンドが似合うメロディを書く人です。この曲の肝は何と言ってもアコースティック・ギターのイントロ。印象深いストロークのリフは曲の間中ずーっと鳴っていて、ドラムスのキック(ケイデンス時代のヒット「('Til) I Kissed You」を彷佛とさせます)と呼応して心地よいリズムが全体を支配しています。ちなみにナイアガラ的な視点で見ると、この「Walk Right Back」のイントロとDarlene Loveの「Winter Wonderland」のイントロを足すと、松田聖子の「冬の妖精」のイントロが出来上がるような気がします。
 竹内まりやさんが『Longtime Favorite』で達郎氏とデュエットでカヴァーされていますが、そちらはBobby Gentry & Glen Campbellのヴァージョンを参考にしたようです。Bobby & Glenのデュエット版を聴いてみると、ブラスやストリングスがフィーチャーされ、ちょっとディキシーランド・ジャズ風味も入った豪華な仕上がり。Bobby Gentryの落ち着いたアルト声はまりやさん風でもあり、なるほどこのヴァージョンを叩き台にしたのも頷けます。エヴァリー兄弟のカントリー・マナー溢れる美しいハーモニーはBobbyやGlenなどに受け継がれ、21世紀、極東のとある夫婦のデュエットで再び蘇ったのです。