Cliff Richard「It's All In The Game」
Single『レッツ・メイク・ア・メモリー/恋のゲーム』Odeon OR-1011(1964)
 「It's All In The Game」という曲は、音楽好きの銀行家であり1920年代に一時期アメリカ合衆国の副大統領にもなったCharles Dawesが1912年に書いた「Melody In A Major」と題されたインスト曲がもとでした。その後51年にCarl Sigmanが詞を書き、Tommy Edwardsで全米18位のヒットになっています。58年には再びTommyがロックン・ロール・バラード風のアレンジに変えて全米No.1に送り込んだ後は、The Four Tops、Lesley Gore、Gene McDaniels、Ben E. Kingなど数多くのカヴァー・ヴァージョンが生まれました。
 Cliff Richardは絶頂期の63年に「Summer Holiday」、「Lucky Lips」に続くシングルとして発表しました。当時Elvis Presleyの亜流とされヒットがほとんど出なかったアメリカでも25位まで登り、Cliffの60年代のヒットの中では最高の成績をおさめています。日本では翌64年に日本のみの大ヒット曲「Let's Make A Memory」のB面として発表されています(邦題は「恋のゲーム」)。
 Norrie Paramarのオーケストラ(The Shadowsは関わっていません)をバックに歌う彼の低音ハスキー・ヴォイスは、この曲のロマンティックなメロディや恋の酸いも甘いも噛み分けたような歌詞にぴったりで、個人的にはこの曲のカヴァーでは一番好きです。特に後半の"Once in a while he won't come" という男女のコーラスが入る所がたまらなく切なくて、ここを聴くために何度もレコードに針を落してしまいます。
 日本では特にBeatles以前のオールディーズのアーティストというイメージが強いせいかあまり語られることがないCliffですが、実は相当奥深い魅力を持っているアーティストだと思います。